6月6日~6月14日「相模原はやぶさウイーク」を開催!

小惑星探査機「はやぶさ」は、平成22年6月13日、幾多の困難を乗り越えて地球に帰還し、多くの人々に感動と勇気を与えました。
その偉業をたたえ、「銀河連邦」では、「はやぶさ」の開発・運用に関わった人々の「あきらめない心」「努力する心」を全国の皆さんに伝えていこうと、6月13日を「はやぶさの日」と制定しました。この「はやぶさの日」をはさむ6月6日から6月14日の9日間を「相模原はやぶさウイーク」として各種イベントを開催します。
映画上映会やプラネタリウム等 “はやぶさの故郷・さがみはら”ならではの9日間をぜひお楽しみください。


感動を再び!「はやぶさ」映画上映会を実施 6月13日(土曜日)

はやぶさのイラスト

6月13日(土曜日)の「はやぶさの日」に小惑星探査機「はやぶさ」をテーマとした映画3本を一挙に上映。

  • 会場 東京国立近代美術館フィルムセンター相模原分館(中央区高根)
  • 定員 各200人(申込順。1組4人まで)
    ※申し込みは1作品のみ
  • 参加費 無料
  • 申し込み 6月10日までに電話で、市コールセンター(電話042-770-7777)へ

上映スケジュール
時間 内容
午前9時30分~11時50分 「はやぶさ/HAYABUSA」上映
午後1時~3時20分 「はやぶさ 遥かなる帰還」上映
午後4時20分~6時20分 「おかえり、はやぶさ」上映

「はやぶさ」給食の実施

はやぶさ給食のイメージ写真

「はやぶさの日」を身近に感じてもらうため、はやぶさゼリーなど、「はやぶさ給食」を市立小・中学校で実施します。
市内の子どもたちに「はやぶさ」が教えてくれた「あきらめない心」「努力する心」の大切さを伝えていきます。


「はやぶさの日」ふちのべバザールを実施 6月13日(土曜日)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスの最寄り駅であるJR横浜線淵野辺駅の駅前商店街「にこにこ星ふちのべ協同組合」では、「はやぶさの日」に合わせ、JR淵野辺駅オーロラデッキ下で午前11時から午後6時まで「はやぶさ」グッズの販売やMAPの配布を行います。
また、午後1時からは「銀河連邦公認?グルメ&グッズ」のお披露目をします。
他にも当日はバルーンロケット工作やビンゴ大会などの楽しいイベントも行われます。

はやぶさのイラスト2

はやぶさ 宇宙をめぐるカレーの写真


「プラネタリウムはやぶさウイーク」を実施

相模原市立博物館では、「はやぶさの日」を含む6月6日(土曜日)~14日(日曜日)の期間(6月8日(月曜日)は休館日)を「プラネタリウムはやぶさウイーク」として、好評上映中の「HAYABUSA2 RETURN TO THE UNIVERSE」のほか、「はやぶさ」に関連した3作品を期間限定で特別上映します。
詳しくは市立博物館ホームページをご覧ください。


相模原フォトニュース
さがみはら×未来物語