銀河連邦にカクダ共和国が加盟

銀河連邦カクダ共和国が誕生!

角田市のスペースタワーとコスモハウスの写真

JAXAの研究施設がある縁で「銀河連邦」では、これまで様々な交流を通じて友好を深めてきましたが、平成28年4月1日、JAXA角田宇宙センターがある宮城県角田市が新たに「カクダ共和国」として銀河連邦に加盟しました!
角田市はこれまで「宇宙」をテーマとして、「明日の宇宙を拓くまちづくり事業」を展開しており、JAXAと連携したイベント等も開催しています。

調印式の写真

4月2日には「相模原市民桜まつり」内で加盟調印式が行われ、正式に銀河連邦に加盟しました。
今後は、角田市を含む5市2町の7つの共和国が、文化、スポーツ、防災などの幅広い分野で、より一層活発な交流を続け、友好を深めていきます。


銀河連邦とは

銀河連邦は、宇宙開発の最先端技術を研究している宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究施設が縁で交流を始めた5市2町が、ユーモアとパロディの精神で連邦国家を組織し、それぞれの共和国が手を取り合い、相互の理解と親善を深めることにより、宇宙平和の一翼を担うとともに、人々の笑顔あふれるユートピアの創造をめざしています。
 子どもたちの留学交流事業を始め、スポーツ交流や経済交流、銀河連邦フォーラムの開催などを通じて友好を深め、相互の発展と宇宙への夢とロマンを育むことを目的としています。


[このテーマに関連した情報]
相模原フォトニュース
さがみはら×未来物語