世界中の車両が集結!?電車ゴッコ世界大会

平成27年5月9日、10日に開催された相模原市民若葉まつりの会場で、「リニアに挑戦! 電車ゴッコ世界大会」が開催されました!


電車ゴッコ世界大会って?

電車ゴッコ世界大会の様子の写真1

「電車ゴッコ世界大会」とは、2027年にリニア中央新幹線の神奈川県駅が橋本駅付近に設置されることが明らかになったことを受けて、相模原市青年会議所が主催する相模原市発祥の世界大会のことで、日本をはじめ、世界各国から集った「ダンボール製」の電車を使って、リニア中央新幹線における「正確性・技術性・スピード性」をの3つを競います。


優勝をめざして白熱した戦い

電車ゴッコ世界大会の様子の写真2

平成27年5月10日(日曜日)の大会当日、出場したのは事前の応募の中から選ばれた全6チーム。この6チームがダンボール製の電車を「運転」しながら、技術性=大縄跳び、スピード性=早押しクイズ大会、正確性=ビーチバレーボールの3種目を戦いました。JR相模原駅長による「出発進行!」を合図に、どのチームも優勝をめざして熱い戦いが繰り広げられました。


リニア開業の未来を思い描く

電車ゴッコ世界大会の様子の写真3

真剣勝負の結果、優勝したのは寝台特急「北斗星」を運転した「相模原地区小学生バレーボール連盟 富士見ジュニア」の皆さんでした。
その他のチームの皆さんも含め、「電車ゴッコ」を楽しみながら、2027年のリニア開業という未来により一層期待を膨らませていました。


シティセールス・親善交流課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館3階
電話:042-707-7045 ファクス:042-815-2340
メールでのお問い合わせ専用フォーム